• ヒーリングウォールとは?
  • ケルザイムについて
  • 癒岩石について

ライフホームECO事業部
〒399-0032
長野県松本市村井町北
2丁目15番8号
Tel:0263-57-7211
FAX:0263-57-7035
フリーダイヤル:0120-114-002 通話料無料 http://www.ecospan.jp/
http://www.lifehome-group.jp/

健康塗り壁「ヒーリングウォール」

  • HOME
  • ヒーリングウォールとは?

ヒーリングウォールとは?

ヒーリングウォールパンフレットダウンロード

特許証

ひとことで「塗り壁」と言っても種類はたくさん。自然素材で安心なイメージの強い塗り壁でも、中には有害なものを出し、人体に悪影響を及ぼすものもあるのです。ライフホームの健康塗り壁「ヒーリングウォール」は、どうして「健康」とうたえるのか?
それは、アメリカではカルシウムのサプリメントとして食されているものがそのまま材質になった「室内塗り壁材ケルザイム」だから。100%自然素材、ケルザイムと呼ばれる化石がその主成分で、マイナスイオン効果等の高い塗り壁材です。
ライフホームオリジナル「ヒーリングウォール」はこの「ケルザイム」に遠赤外線効果等の高い「癒岩石」を配合しています。
(特許 第5061396号 取得)

ヒーリングウォールの効果

ホルムアルデヒド効果
ホルムアルデヒドがゼロ

アトピー効果
室内汚染物質の吸収分解により新鮮な空気環境が保持され、アトピーやアレルギー症に安心。

調湿作用効果
調湿作用が高く、カビ汚れが付かない。

マイナスイオン効果
マイナスイオン効果が高く、プラスイオンとの調和により人体に良い空気環境が保持される。

遠赤外線効果
遠赤外線効果が高く、冬の壁温度が3度以上改善され暖房効果が上がる。

臭いの効果
室内の臭いの吸収分解作用が高く、高齢者の加齢臭やペット臭・家庭臭が改善される。

電磁波効果
電磁波の吸収分解効果に優れ、人体に影響する家庭内電磁波の改善効果。

心身波動効果
人の心を癒す。

ヒーリングウォールの特長

癒岩石の原石


ライフホームオリジナルの「ヒーリングウォール」(特許 第5061396号 取得)はすべて自然素材の体に優しい室内塗り壁です。 アメリカ・ネバダ州より採取されるアロエの化石(ケルザイム)に国内で採取される石英片岩(癒岩石 商標登録第5039725号)を330ミクロンにパウダー化し3%混ぜて室内塗り壁材として使用することにより、室内の空気環境を改善します。


「住まい」は一生に一回の買物。病気になるような住まいを買ってしまったら一生の苦しみ

写真:壁紙の裏側にカビが生えてしまった壁

私達の現代の生活は食材・衣類・住まいの全てにおいて様々な化学物質に頼っています。化学物質のない生活は不可能といっても過言ではありません。このような環境下で建築材料も自然素材から化学物質で出来た手軽で安価な素材が随分たくさん出回りました。その見返りとして過去には無かった現代病の存在が近年認められ、現在様々な建築材料も見直され始めましたが、日本はドイツやアメリカなどの先進国の基準には大分遅れています。

日本ではまだ認識が薄い見直されるべき建材として「ビニールクロス」があげられます。高温多湿な日本において、昨今ビニールクロスに変わり、調湿効果の高い塗り壁の需要が高まってきております。ビニールクロスに多く見られるカビの発生は、どうやら日本特有の気候と建物の構造にあると思われます。


日本の建物(住まい)のカビ発生の多くは、RC構造のマンションや陽当たりが悪く湿気が多い木造等の北側壁です。その壁内の大半はカビの温床となっています。壁内のカビ菌は、仕上げ材であるビニールクロスが皮膜となっているため、壁内で増殖しているのが現状です。それに増して最近の住宅は高気密化が義務化され、窓を開けることがほとんど無いために、室内もカビ菌が繁殖しやすい環境にあります。このような状況下における部屋内と壁内がカビの発生源と言えます。

>>>アメリカのビニールクロスに関する記事はこちら

また、ビニールクロスに代わって、今人気なのが漆喰や和紙の壁、珪藻土などの「ナチュラル素材」と呼ばれる建材ですが、通気性は良いが有毒な物質が含まれていたり、有毒なものは入っていないが耐久性に乏しくメンテナンス費用がかかったり…。ご家族の健康を一番に考えるライフホームは、確かな「ナチュラル素材」で安全なだけでなく、人体にも良い影響を与える壁塗り壁材を研究し、採用しています。

家庭は癒しの場です。家族全員が健康で心落ち着く場所が家です。
多額の住宅ローンを抱え、不健康な家に住んで家族が幸せになれるはずがありません。子供さんの為にも健康な家に住むことを願います。
詳しい資料が必要な方はライフホームまでお気軽にお問合せ下さい。

このページの先頭へ戻る